ホンジュラス COE ジークライン農園
5c2ae5fa144448156419fa37 5c2ae5fa144448156419fa37

ホンジュラス COE ジークライン農園

¥1,300 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

  • 粉(細挽き)

  • 粉(中挽き)

  • 粉(粗挽き)

【コーヒーマイスターの評価】綺麗でジューシーな酸味はハニーレモン&アップルシュガー。 【原産国】ホンジュラス 【産地】パライソ県 【農園名】ジークライン農園 【品種】パライネマ 【精製法】ウォッシュド 【標高】1373m 【焙煎度】4♭(浅煎り) 【内容量】100g 香り ◆◆◆◆◆ コク ◆◆◆◆◆ 甘味 ◆◆◆◆ 深み ◆◆◆ 酸味 ◆◆◆◆◆ 【COE(カップ・オブ・エクセレンス)とは】 カップ・オブ・エクセレンス(英語:Cup of Excellence、略称:CoE)はコーヒーの品質審査制度。 アメリカ合衆国のNPO「アライアンス・フォー・コーヒー・オブ・エクセレンス(優良コーヒー同盟、Alliance for Coffee of Excellence、ACE)」によって毎年開催されている。 入賞したコーヒーはインターネットオークションで取引される。このコンセプトは国際コーヒー機関(ICO)のグルメコーヒー・プロジェクトによって考案された。原案は1994年にICO会長のパブロ・デュボワと国際貿易センター(International Trade Centre、ITC)のフランス・ボルヴェンケルがジュネーブでの会議で考案した。ICO管理下でITCが運営するこの制度は1995年から2000年の間は、新しい「グルメ」コーヒーつまり高品質のスペシャルティーコーヒーの制度確立を目指し、一次産品共通基金(Common Fund for Commodities)が財務的に大部分を負担し活動した。カップ・オブ・エクセレンスはコーヒー界のアカデミー賞(オスカー)とも例えられる。 カップ・オブ・エクセレンスの品質審査に基づく大会は1999年に開始。2013年までにブラジル、エルサルバドル、コスタリカ、ニカラグア、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ブルンジ、ルワンダ、コロンビア、ボリビアが参加。コーヒーの審査は少なくとも毎回5回行われ、最終的な勝者は「カップ・オブ・エクセレンス」を冠され、インターネット・オークションを通じ競り落とされる。